「神の雫」に登場するワインリストのご紹介。「神の雫」のストーリー紹介。
カクテル ベース カクテル全般オリジナルカクテル全国BAR

カクテルレシピ
バーテンダー求人
ジンベース
テキーラベース
ウォッカベース
ラムベース
リキュールベース
ワインベース
ウイスキーベース
ブランデーベース
ビールベース
焼酎ベース
日本酒ベース
カクテル スタイル
ノンアルコールカクテル
フローズンカクテル
フラッペカクテル
ホットカクテル
トロピカルカクテル
カクテルについて
カクテルとは
カクテルの作り方
スピリッツについて
ジンとは
テキーラとは
ウォッカとは
ラムとは
その他ベースについて
リキュールとは
ウイスキーとは
ブランデーとは
ワインとは
ビールとは
カクテル用語辞典
カクテル用語一覧
カクテルの種類
カクテルのスタイル
カクテルの道具
カクテルのグラス
カクテルの副材料
カクテルの単位
バーテンダー
バーテンダーとは?
フレア バーテンダーとは?
バーテンダー求人募集
カクテル 講座・教室
ソムリエ
ソムリエとは?
ソムリエ 求人募集
カクテルベース その他
全国 ワイナリー一覧
全国 地ビール 一覧
リキュール辞典
カクテルベース 特集
神の雫とは

世界的ワイン評論家の神咲豊多香が死んだ。
遺言状により20億円の遺産は12本のワインとその頂点にたつ「神の雫」を当てた者が相続する事に。
挑戦するのは、父を拒絶し、ワインを飲むことを拒否しつづけてきたが、幼少時よりワインの英才教育を受け臭覚・表現は天才的な息子の神咲雫と、神咲豊多香が死ぬ前に養子縁組をした新進気鋭ワイン評論家の遠峰一青・・・。

大人気漫画「神の雫」をもっと知りたい
神の雫に登場したワインリスト (ドラマ 神の雫 より)

神咲雫の父である神咲豊多香が妻の墓前に花束の代わりに供えたワイン 。
DRC社 リシュブール
フランス・ブルゴーニュ産
神咲雫
「花だ。百の花の香り。」
神咲豊多香が亡くなる朝最後に飲んだワイン。
神咲雫と遠峰一青がワインを表現し神咲豊多香の表現と近い方が屋敷の居住権を得られる。
シャトー・ムートン・ロートシルト('90)
フランス・ボルドー産
遠峰一青
「ジャン=フランソワ・ミレーの代表作『晩鐘』私はまるであの名画の前に佇むようだ。」

神咲雫
「永久の別れ。僕にとってこのワインは母との最後の思いを閉じ込めた別れのワインです。」
第一の使徒
私は森の中を彷徨っている。木々から生命の香りが漂う中、私は森にあるはずのない花や赤い果実の香りに気づき、はやる心を抑えながら歩みを速める。すると森が拓けたその奥に深い霧に包まれる泉があった。泉の対岸に美しい光景があるのを感じたが霧が邪魔をして先へ行けない。辺りを見回すと桟橋らしきものがあり泉を渡る。
途中風が甘い花と野生の赤い果実の香りを鼻腔に届け、次の瞬間対岸の光景が私の目に飛び込んだ。おお、見よ。泉の向こうで絡み合う2匹の蝶を。私はその奇跡のように美しい光景を暫し見入っていた。
ジョルジュ・ルーミエ レ・ザムルーズ('91)
フランス・ブルゴーニュ産
遠峰一青
グレートヴィンテージということで'92を選んだ一青は
「私はそれを眺めているだけ・・・」

神咲雫
天候が悪かった'91だが、人の努力が注がれたワインを選んだ雫は
「霧という悪条件でも桟橋・・・人という助けが無かったらその美しい光景を見る事はできなかった」
第二の使徒
そのワインで私は団欒を懐かしむ。ある冬の日、草むらで友達と遊び回っていると、夕焼けが辺りを真っ赤に染め、どこからともなく夕食の香りがした。空き地の草の匂いと上等なハーブやスパイスが鼻をくすぐり私は家路を急ぐ。だが途中道に迷ってしまった。
泣き出しそうになる私に優しげな男性が声を掛け、手を差し伸ばし一粒のお菓子をくれた。
ホッとするような甘さ、考えられないほどの芳醇さ。私はその男性に手を引かれ、気が付くと家の前にいた。中から団欒の声が聞こえ、私は温もりを求めて木の扉を開けた。
ドメーヌ・ぺゴー キュベ・ダ・カポ('00)
フランス・ローヌ地方産
遠峰一青
100年の老木から生まれる奇跡の最高級ワインを選んだ一青は
「おお、まさに懐かしい。何もかもが同じ、何もかもが神咲先生の表現と同じだ。さあ来い、あの甘い芳醇な一欠けらを私に。ありがとう。たどり着いたよ。懐かしき団欒。」と表現し、お菓子をくれた男性は年老いた人だ。あの安心感は年老いた人こそがもつ温もりだ。このワインは年老いた古い葡萄の木から造られている。故にそこに老人がいたんだ。
と第二の使徒対決で勝利する。
ユッセリオ コート・デュ・ローヌ('07)
フランス・ローヌ地方産
神咲雫
安心感を庶民的と解釈した雫がノンブランドのテーブルワインを選び
「野原、夕焼け、草の匂い、そして確かに夕食のハーブとスパイシーな香りが鼻をくすぐる。美味しい。・・・足りない。僕は不安なまま、いつもの団欒に付き、初めて安堵する。」
と表現し、敗北する。
第三の使徒
このワインはモナ・リザである。
フィレンツェからピサへ向かう途中1軒のレンガ造りの古い家でのこと。
私は芸術家のアトリエらしきその場所で、ある絵画を見た。
神秘的で曖昧な微笑みを見せる女を描いたそれは力強さにあふれ、同時に完成された柔らかさと慈しみを持ち合わせ、私の心を綿のように包み込む優しさがあった。
私はこの絵を「愛しき人」だと例えた。
女性への尊敬の念がこみ上げてくるその絵には、最も愛があふれていた。
シャトー・パルメ('00)
フランス・ボルドー産
遠峰一青
「ハスキーなミントの香り、奥に携えた幾つもの黒い果実と黒胡椒。さらに肉厚なプラムやラズベリー、ブラックチェリーなどのアロマ。複雑な香りが私をルネッサンスの世界へと誘うようだ。ダ・ヴィンチのアトリエか・・・。愛するものを選べと・・・。」
と雫と同じワインを選び不正解となる。

神咲雫
「鮮やかで強烈な日差し。ダ・ヴィンチのアトリエか・・・。愛するものを選べと・・・。」
と一青と同じワインを選び不正解となる
雫の所属するワイン事業部で社内コンペ「愛しき人への贈り物」というテーマでワインを選ぶことになり、雫と本間長介が競う事になった。
アルタ・エゴ・ド・パルメ('00)
フランス・ボルドー産
雫が選んだワイン
シャトー・パルメのセカンド。
イル・バチャレ('06)
イタリア・ピエモンテ産
本間長介が選んだワイン
第三の使徒が雫、一青とも不正解だった為、再度挑戦することに。
シャトー・パルメ('99)
フランス・ボルドー産
神咲雫
「この世には様々な愛がある。想いをあえて口にしない事で伝わる想い。けど、そこにも愛はある。
父の愛しき人はとても優しい女性だった。多くの言葉を用いなくても想いが伝わる優しさがあった。
けど、愛しき人は突然父の前から姿を消した。その愛しき人への愛を父は一本のワインに託した。
優しき母が子を宿し心の強さを備えた女性の一生で最も愛にあふれ、最も美しい瞬間。その微笑、いつまでも母子の側で守ってあげたい。心より思った父の愛がここにある。父はワインで愛を伝えたかったんです。」
と一青と同じワインを選び、双方とも正解となるが、神咲豊多香が愛する人は自分の母と言う。

遠峰一青
「おぉ〜、この世には様々な愛の表現がある。その人の愛しき人はとても強い女性だった。だから例え遠くに離れて暮していても、想いはしっかり伝わっていると信じる事ができた。
このモナ・リザは子を宿した母。心の強い女性が子を宿し、優しさを兼ね備えた、女性の一生の中でとても愛にあふれとても輝く瞬間。例え、例え会えなくても遠くからその母と子の幸せを祈っていた。
その女性の名前は遠峰ほのか。神咲豊多香の愛しき人・・・それは私の母、遠峰ほのか。」
と雫と同じワインを選び、双方とも正解となるが、神咲豊多香が愛する人は自分の母だと言う。
雫の所属するワイン事業部の先輩、本間長介が以前交際していた女性へ贈ったワイン。
テヌータ・ディ・トリノーロ・パラッツィ('99)
イタリア・トスカーナ産
'97〜'99しか生産されなかった幻のワイン。
それは、本間長介がその女性と交際していた期間と同じだった。
第四の使徒
このワインは巨大で険しい。孤高の頂は神秘に包まれ私を誘う。
高い理想を抱き、逸る気持ちを抑えながら踏みしめるように私は頂を目指した。困難な道のりはあらぶる魂となって牙をむき、魔物に魅入られたかのような執念を駆り立てる。
どれだけの時が流れたのか私は気が付くと頂に立っていた。眼下の峰、全てはひれ伏すように美しく沈黙し、岩肌に貼りつく白銀は絹のドレスをまとうかのように滑らかに輝いている。
なんという至福、なんという透明、この頂から全てを眺観できる喜び、私はそれを胸いっぱいに吸い込み頂を後にした。
ミシェル・コラン・ドレジェ シュヴァリエ・モンラッシェ('00)
フランス・ブルゴーニュ産
遠峰一青
「おぉ〜、人は厳しさを乗り越えてこそ喜びがある。喜びが待っていると知ればこそ人は何度でもその厳しさに耐えられる。
このワインを例えるならスイスとイタリアの国境に位置するアルプス。
その絶景を眺めているだけでは決してわからない。たったひとりその孤高へと立ち向かう試練を乗り越え、困難を克服した者だけが味わえる至福、喜び、達成感、そして次の山へ挑もうという決意。」
と第四の使徒に正解する。
一方雫は未提出。
第五の使徒
このワインは悩める者に沈黙をもって応えてくれる。
歩き疲れた私は、初めて味わう孤独に怯え、暗闇の中で動けないでいた。やがて闇の向こう側に、柔らかで安堵に満ちた藍色の光りが佇んでいるのをみた。
弥勒菩薩半跏思惟像。
光りをまとったその姿は、厳かでありながら慈愛に満ち溢れている。それは夢に迷い間違いを犯しつまづいた私の前でさえも、語るでもなく、笑うでもなく、泣くのでもなく、ただ静かにそこにいるだけなのだ。
故に私は思う、その人への思いを愛という言葉では表せない。その佇まいは、人でありながら宇宙である。見返りを求めず、あなたはありのままの私を受け入れる。家族、友人、恋人、愛と呼べる対象は数あるが、果てしなく広がる宇宙の中で、何ものにも代えがたいかけがえの無い崇高で美しい存在。
その人への思いは感謝という言葉で表す。
ルチアーノ・サンドローネ バローロ・カンヌビ・ボスキス('01)
イタリア・バローロ産
遠峰一青
「おぉ〜、暗闇それは絶望。例えばそれは病に侵された人間が、生への渇望を知るように、絶望という暗闇に包まれてこそ人は初めて光りの存在を知る。神咲豊多香はその尊き光りを、愚かな人間を救わんとする弥勒菩薩に例えこのワインを表現した。」
と雫と同じワインを選び正解。

神咲雫
「見えた・・・。光りとはまさに希望。確かに人間は悩み苦しむ存在で、時に暗闇に包まれる事もある。そんな時、優しく希望の光りを照らしてくれる人がいる。父はそれを弥勒菩薩に例えこのワインを表した。」
と一青と同じワインを選び正解。
神咲豊多香が弥勒菩薩と思った秘書霧生涼子と食事をしたレストランに残したワイン。
シャトー・ムートン・ロートシルト('85)
フランス・ボルドー産
雫の生まれ年のワインで雫の20歳の誕生日に飲もうと用意したワイン。
カクテルベース

BAR登録
全国各地のショットバー【BAR】、おいしいカクテルを飲めるBARのご応募をお待ちしております。

カクテルレシピ投稿
オリジナルカクテルを随時募集中!
投稿されたカクテルレシピは、オリジナルカクテルのコンテンツにて紹介させて頂きます。

カクテルベース相互リンク
カクテルベースは、相互リンクを募集しております。カクテルの輪をどんどん広げていきたいと思ってますのでよろしくお願いします。

バーテンダー求人募集
幻の酒・焼酎
洋酒カタログ